不動産投資のリスク 利回り 節税 法人化 資産運用
 中古の賃貸併用住宅のデメリット 

賃貸併用住宅とは、オーナーの住居と賃貸物件として提供する部屋が併設された住宅のことです。 メリットとしては、自分の家でありながら第三者に貸すことができるので賃料収入が入ってくるという点があります。 建築費や土地の固定資産税、修繕費などを毎月の家賃で支払うことができるうえ、住宅ローンの金利の返済も相殺してゼロにすることもできます。 中古の賃貸併用住宅だと既に住居部分が存在しているので、物件の明け渡しがスムーズにいけば1〜2ヶ月以内での利用も可能です。
競売物件 不動産投資ローン 確定申告 税金 手数料
リスクと利回り REIT(不動産投資信託)
  
  駅近物件で満室時の利回りが15%。

 間取りをうまく考えてもトラブルが起きる 

デメリットとしては、同じ住居で生活するために間取りをうまくとっても騒音問題などのトラブルが発生しやすいということがいえます。 また、空室リスクがあり、入居者が退去してまた入るまでの期間の家賃収入が途絶えるという点もデメリットになります。 中古の賃貸併用住宅は戸建を分けたような間取りになっている物件が非常に多く、規模的にも自己管理することになるので入居者との契約や家賃の回収などを行う必要が出てきます。 投資用マンションなど公共性が戸建よりも高いために大家さんには腰の低い入居者がほとんどですが、個人契約となるとどうしても管理が難しくなってしまうのです。
駐車場経営 減価償却費 事業的規模 固定資産税 賃貸経営の成功事例
必要経費 地震保険料控除申告書 立ち退き料 個人事業税 償却資産税
  
  ロフト付き物件は入居者に人気だが、レオパレスは壁が薄いとの情報が多い。

 節税効果が薄い 

もし所有している空き地に自宅兼アパートを建てようとする場合は、駐車場経営や貸しガレージ(車庫)として運用できないか十分検討する方が良いでしょう。 建物が古くなると入居者を募集しても入らないので家賃を下げることになり、修繕費の負担も大きくなります。 割合としては少ないのですが、せっかくの不動産投資なのに赤字で採算がとれないケースもあり、節税の効果があまりないということもあります。 もし自己資金に少し余裕があるのなら、別に投資用アパートを1棟購入し、その収入で別の賃貸物件なりを借りることをお勧めする専門家も多いようです。
  
アパマンショップと管理委託契約を締結しなければ購入不可となっている。
定期借地権 マンション経営 一括償却資産 繰延資産 収支計画書
収益物件 住宅ローン 不動産投資の年収 賃貸併用住宅 アパート経営