不動産投資のリスク 利回り 節税 法人化 資産運用
 不動産売買にかかる税金 

自分で住むための不動産の場合は居住用財産となるため、譲渡益から3000万円もの特別控除が受けられます。 この特別控除は売却費用から取得費用を差し引いた売却益から差し引ける控除枠になっています。 さらに、所有期間が10年を超える居住用財産のケースでは買い換えの特例や軽減税制率の適応など様々な優遇措置があります。
競売物件 不動産投資ローン 確定申告 税金 手数料
リスクと利回り REIT(不動産投資信託)
  
  発生する税金を考慮した実質利回りを計算してみよう。

 売却益には譲渡税がかかる 

また、居住用財産でない投資用マンションの場合でも、所有期間が5年を超える場合は長期譲渡所得になり、税金が20%になります。 短期譲渡所得(登記してから5年以下で売却)の税額は39%なので、5年以上保有することで19%も税率を低く抑えることができるわけです。 所有期間の計算は、売った年の1月1日を基準として算出しますので、売却のタイミング次第で翌年以降でないと長期譲渡所得にならないケースもあります。

不動産売買で売却したときに発生する税金として、印紙代がかかります。 1000万円超〜5000万円以下だと15,000円の印紙を購入しなくてはなりません。 また、国税である登録免許税として1,000円がかかります。
駐車場経営 減価償却費 事業的規模 固定資産税 賃貸経営の成功事例
必要経費 地震保険料控除申告書 立ち退き料 個人事業税 償却資産税
  
  都市計画法により、建て替え時に建築基準を満たさないと建築許可がおりません。

 登記費用には何がある? 

投資用マンションを買ったときにも印紙代が発生します。 額は売却益にかかる金額と同じです。 不動産を購入したときには、登録免許税を納めて所有権保存か所有権移転のどちらかをする必要があります。 所有権保存は初めて不動産を登記するとき、所有権移転はオーナーチェンジのときです。 また、銀行から住宅ローンや融資を引き出すときには抵当権の設定をすることがありますが、この場合も登録免許税を納めることになります。 さらに、固定資産税評価額に対して4%の不動産取得税がかかります。 ただし、住宅用の不動産(土地と建物)だと3%の不動産取得税がかかります。
定期借地権 マンション経営 一括償却資産 繰延資産 収支計画書
収益物件 住宅ローン 不動産投資の年収 賃貸併用住宅 アパート経営