不動産投資のリスク 利回り 節税 法人化 資産運用
 アパート経営の費用と収支について 

不動産投資では建物の修繕が必要になり、何年に1回かは床のフローリングや壁紙(クロス)を貼り替えたり、エアコンを最近のものに交換したりすることになります。 それとは別に、大規模修繕といって、外壁の塗装や屋根裏の防水加工、下地補強工事をする必要があります。 中古アパートだと地元の腕の良い職人さんに頼むことで500万円程度に抑えられるケースもありますが、投資用マンションだと1000万円から2000万円もかかってしまいます。

アパート経営の修繕といえば壁紙の貼り替え程度しかイメージしにくいので、収支計画書にもそのように記載することが多いのですが、まともな管理をするなら日頃から資金を積み立てておく方が良いでしょう。 費用がかかっても家賃を引き上げたり、入居率を改善させたりする効果があるため、長期的な収支にはプラスになります。
競売物件 不動産投資ローン 確定申告 税金 手数料
リスクと利回り REIT(不動産投資信託)
  
  土地勘があれば失敗する可能性も低くなる。

 法人化して節税する 

中古アパート投資を事業として法人化することで、社長自らも会社から給与所得を得ることができます。 給与所得者は融資の観点からいえば非常に有利で、銀行の住宅ローン審査が自営業よりも通りやすくなります。

上記の修繕の費用もマル経融資やフリーローンなどで引き出せる可能性も高くなり、収支の計画が立てやすくなります。 また、法人化することで役員報酬も一定の条件下で経費算入できますし、貯蓄性のある生命保険などを活用することで効率的な節税ができます。
駐車場経営 減価償却費 事業的規模 固定資産税 賃貸経営の成功事例
必要経費 地震保険料控除申告書 立ち退き料 個人事業税 償却資産税
  
  近隣のアパートをチェックして競合がどの程度の設備なのかを把握する。

 儲かる中古アパート投資とは 

中古アパート経営で儲けるには、最初の1棟目で担保価値の高い優良物件を手に入れることがキーポイントになります。 安いからといって数百万円台の担保価値の低い中古区分アパートを買ってしまうと、確かに借金の額は少なく抑えられますが、不動産担保ローンの融資が難しくなってしまいます。

儲かる賃貸経営のコツとは、大きな借金を背負うかわりに大きなキャッシュフローを引き寄せて、将来完全に自己所有できる資産を積み上げるということになります。 個人事業として経営していると従業員を募集するのにも苦労しますが、法人化することで社員を雇用してより大きな資産価値のある物件を購入できます。 サラリーマン大家でも数億単位の融資を実行してもらって、数千万円の年収を実現させている人が多いのです。
  
現在満室経営。23区に近い物件ならベッドタウンとしての発展が期待できる。
定期借地権 マンション経営 一括償却資産 繰延資産 収支計画書
収益物件 住宅ローン 不動産投資の年収 賃貸併用住宅 アパート経営