不動産投資のリスク 利回り 節税 法人化 資産運用
 不動産投資ローンの金利を比較 

不動産投資ローンの中で最も金利が低いのは、オリックス銀行のアパートローンです。 5年固定特約型ならば年2.5%で、保証料が不要、借入金額は最低1,000万円で最高2億円となっています。 比較しているとほとんどの不動産投資ローンの最高借入額が2億か3億なのに対して、三井住友トラスト・ローン&ファイナンスはなんと10億円までの融資が可能です。 ちなみに三菱UFJ信託銀行の賃貸マンションとアパートローンの融資は、実績を作れば例外的に最高額の制約が解除されます。
競売物件 不動産投資ローン 確定申告 税金 手数料
リスクと利回り REIT(不動産投資信託)
  
  画像から建物の経年劣化の具合や修繕が必要な箇所が少し把握できる。

 審査が通るポイント 

国内の銀行の融資で審査が通らないケースでは、外資系の金融機関(HSBCの住宅ローンなど)や地銀、そして信用金庫をあたってみましょう。 日本国内における個人向け不動産投資ローンの市場は大手メガバンクの寡占状態になっていて、地銀や信用金庫はシェアを広げるために有利な条件を提示してくれる傾向があります。 東京三菱UFJ銀行や三井住友銀行、みずほ銀行など大手メガバンクは大口投資家への不動産ローン貸し出しや法人営業には積極的です。 新生銀行やスルガ銀行あたりは、個人投資家向けのリテール営業で積極的に審査を通してくれる可能性があります。
駐車場経営 減価償却費 事業的規模 固定資産税 賃貸経営の成功事例
必要経費 地震保険料控除申告書 立ち退き料 個人事業税 償却資産税
  
  駅から歩いて11分の物件で満室経営。割安感があるか判断できる相場観を身に着けたい。

 借り換えするときの注意点 

色々と金利の比較サイトを見ていると分かりますが、アパートローンでは10年から30年といった長期の固定金利の条件で融資してくれる金融機関はありません。 長期スパンでは金利の上昇リスクやインフレリスクがあり、銀行なども多大なリスクテイクは出来ないため、そのような金融商品を開発できないのです。 また、変動金利で借り換えるにしても、借換える金額の2%前後の手数料が発生するうえ、ほとんどのケースで現状の金利と大差ない条件を提示されることになります。 他の銀行などに融資契約を切り替えるようなことを言うと、1.8%程度までなら金利を下げてくれる事例もあります。
定期借地権 マンション経営 一括償却資産 繰延資産 収支計画書
収益物件 住宅ローン 不動産投資の年収 賃貸併用住宅 アパート経営