不動産投資のリスク 利回り 節税 法人化 資産運用
 不動産投資した場合の年収 

サラリーマン大家になる場合は、現在の勤務先での年収に投資用マンションで発生した最終利益が上乗せされますので、年間の収入額が簡単に500万円を超えるケースが多いです。 仮に現在の給与が年間300万円しかなくても、数千万円規模の投資用アパートを購入すれば倍以上になる計算です。 区分マンションなら自己管理による定期清掃が必要ないので、たまに総会に出て修繕費などの事項を協議するぐらいの手間で運営できます。
競売物件 不動産投資ローン 確定申告 税金 手数料
リスクと利回り REIT(不動産投資信託)
  
  東京都世田谷区は平均所得の高い人が多く住んでいることで有名。

 経費を上積みして年収を抑える 

住宅ローンなどの融資を使って不動産投資する目的は利殖ですので、最終的に手元に残る利益額を多く確保することがポイントです。 節税のためにあれこれと必要の無い経費を使いまくり、節税することがベストな選択肢であるかのような情報が非常に多いのですが、再投資可能な余剰資金をいかに多く発生させるかを考える方がベターです。 確かに不動産投資の年収を抑えれば累進課税では税率が抑えられるので得しているような感覚にもなりますが、その運営スタイルでは自己資金の成長サイクルが遅くなってしまいます。
駐車場経営 減価償却費 事業的規模 固定資産税 賃貸経営の成功事例
必要経費 地震保険料控除申告書 立ち退き料 個人事業税 償却資産税
  
  近隣にコンビニや公園、病院などがあれば長期契約者の割合が増える。

 失敗例や失敗談を情報収集する 

一番手軽なのは、インターネットの不動産投資の情報を片っ端から検索して、サイトに記載してある失敗例から何をすると上手くいかないのかを勉強することです。 情報収集という意味では、投資用不動産の仲介業者(ノムコム・プロなど)に直接連絡をとって、資料を送付してもらうことです。 分からないことはプロに聞くことが一番良いです。 担当者でも実力の差がかなりあるため、あらかじめ物件情報などを比較して優秀そうば営業マンを探しておきましょう。 慣れればすぐに見分けがつくようになります。 検索して失敗例を1日中集めるよりも、投資のプロである担当者に聞けば1分で済んでしまうケースが非常に多いのです。

失敗談として一番多いケースは、購入した時期が悪く、高値を掴んでしまい、その後の評価価格の下落で痛手を負ってしまうというパターンです。 また、路線価の急落により後から開発された家賃の安い大型マンションの影響を受けて、家賃を大幅に下げなくてはならず、利回りが暴落してしまうという失敗談もあります。

地方物件は景気低迷の影響を受けやすいと言われていますが、東京23区内でも同様のことが発生します。 あるエリアでは路線価が3年で半分程度になってしまい、7万円取れていたはずの家賃が4万円台になってしまったという失敗例があります。
  
擁壁があるとオーナーチェンジの際、融資の審査が通りにくいため、自己資金の割合が50%は必要になる場合がある。
定期借地権 マンション経営 一括償却資産 繰延資産 収支計画書
収益物件 住宅ローン 不動産投資の年収 賃貸併用住宅 アパート経営