不動産投資のリスク 利回り 節税 法人化 資産運用
 駐車場経営と投資用マンションの利回り比較 

駐車場経営のメリットはなんといっても修繕費がほとんどかからないということです。 投資用マンションや賃貸経営の場合は建物の経年劣化による修繕費が収益を圧迫するわけですが、駐車場なら地面を更地にしてコンクリで固めるだけでも良いわけです。 都心のコインパークなどなら話は変わってきますが、都心部から少し離れた立地で月極駐車場を経営するなら、小石を敷き詰めてロープで区画整理をするだけというケースもあります。 それだけ費用がかからないので、初期投資額が抑えられるというメリットがあります。
競売物件 不動産投資ローン 確定申告 税金 手数料
リスクと利回り REIT(不動産投資信託)
  
  出入口付近に看板を立てておけば、宣伝広告費の節約にもなります。特に駐車場は効果的です。

 リスクとトラブル 

駐車場経営の利回りは、平均すると5%前後で、効率的な投資を行えば9%を超えることもあります。 投資用マンションのリターンが表面利回りで13%以上になる場合もあることを考えれば、やはり投資効率ではアパート経営の方が儲かります。 手数はかかりますが、実質利回りの高い1棟売りアパートを購入して、自主管理で家賃回収を行なって、修繕のための業者手配なども自分でやれば利回りが改善されます。 そうすることで次の投資用不動産を購入するための頭金を作っていくという考え方がスタンダードです。 何でも業者任せにすれば楽ですが、その分支払報酬がかさんで投資効率が落ちます。
駐車場経営 減価償却費 事業的規模 固定資産税 賃貸経営の成功事例
必要経費 地震保険料控除申告書 立ち退き料 個人事業税 償却資産税
  
  立地が郊外だと賃貸経営でも意外なメリットが多い。

 固定資産税と必要経費の予想 

駐車場経営のリスクは賃貸経営と比較すれば格段に低いです。 不法占拠されても追い出しは容易ですし、トラブルが発生しても部屋に鍵がかかっているわけではないので、すぐ対応できるというメリットがあります。 最初は駐車場経営からはじめて、徐々に管理物件数を増やしている投資家も多いようです。 固定資産税の計算は、固定資産税評価額に1.4%をかければすぐに計算できます。 必要経費としては夜間の電気設備で発生する電気代や宣伝広告費などが挙げられます。
定期借地権 マンション経営 一括償却資産 繰延資産 収支計画書
収益物件 住宅ローン 不動産投資の年収 賃貸併用住宅 アパート経営