不動産投資のリスク 利回り 節税 法人化 資産運用
 不動産投資のリスクとは 

不動産投資とは、自分で住まない投資用物件を運用することで賃貸収入を得るビジネスのことをいいます。 不動産を購入するためには数百万円以上の資金が必要になるため、一般的には頭金や担保を銀行などの金融機関に差し出して融資を受けることで物件を購入します。

通常想定できる規模の地震が来た時では、地震保険に入っていれば保障金額全額の保険金がおりるかもしれません。 しかし、保険会社の規約を読むと想定外の大地震が発生したときに支払う最大金額が設定されていて、全体で保険会社が倒産しない程度の金額しか保険金がおりないと記載されているケースがあります。 つまり補償金額の何割かまでしかもらえないことがあるのです。
競売物件 不動産投資ローン 確定申告 税金 手数料
リスクと利回り REIT(不動産投資信託)
  
  駅から徒歩何分なのか、土地面積や築年数などの情報が記載されています。
  
  外観写真から周辺の様子などが分かります。

 Investment Propertyで失敗しないために 

例えば新築物件で地震保険に入っていたとした場合、大地震で全損したケースでも建物価格の半分程度の保険金しかもらえないケースも想定されます。 自分が投資した物件が何らかの理由で損壊してしまうというリスクがあるのです。 また、入居者が家賃をきちんと支払ってくれない可能性があるというのも不動産投資のリスクです。 家賃の回収業者に業務を委託するのが現在のスタンダードな不動産投資になっていますが、賃料の数パーセント程度の費用が発生します。 現在は1棟まるまる借り上げて家賃収入を保障してくれるサービスがありますが、これは築5年位内の物件に限られるなどの制約がつきます。
駐車場経営 減価償却費 事業的規模 固定資産税 賃貸経営の成功事例
必要経費 地震保険料控除申告書 立ち退き料 個人事業税 償却資産税
  
  想定年収は満室時の条件から算出されていますので注意しましょう。

 利回りは重要 

不動産投資のリスクを避けるうえで最も重要なポイントは、有利な条件で売買契約を締結するという点です。 基本的に物件を借りる側の家賃設定は適切であり、そういう観点での割安・割高なお部屋というのは存在しないとされています。 安ければ駅から遠かったり、近所が工場であったり、設備が充実していないなどの理由が必ずあるわけです。 しかし、物件の売買となると話は別で、景気変動の影響により不当に安い価格で売却されていたり、バブル相場により割高物件を掴まされてしまったりというケースがあるのです。
  
探せば利回りが高く投資金額が安い物件もたくさんあります。
定期借地権 マンション経営 一括償却資産 繰延資産 収支計画書
収益物件 住宅ローン 不動産投資の年収 賃貸併用住宅 アパート経営