不動産投資のリスク 利回り 節税 法人化 資産運用
 不動産投資の利回りは何%になる? 

不動産投資の収益度合いを表す指標として、表面利回りと実質利回りの2通りがあります。 表面利回りとは、1年間で得られる賃料収入÷物件の購入金額×100で表される指標です。 しかし実際には、集合住宅の場合は管理費の徴収がありますし、マンションなら修繕積立金を毎月支払わなくてはなりません。 さらに毎年固定資産税が税金として出費になり、地震保険や火災保険にも加入することを考えれば手元に残るお金は表面利回りで計算できる金額よりも少なくなります。
競売物件 不動産投資ローン 確定申告 税金 手数料
リスクと利回り REIT(不動産投資信託)
  
  実際に物件の周囲を歩いて様子を見ることも大切です。

 表面と実質の違いとは 

実質利回りとは、家賃収入から上記のような運営コストを差し引いた実際の収入から計算する指標です。 不動産投資の情報サイトや、売買を仲介してくれる業者さんのところへ行って提示される利回りは全て「表面利回り」になります。 なぜ最初から実質利回りを出してくれないのかといえば、それは運用方法の違いなどによる費用の差が個別にあるため、具体的な数値を記載できないからです。 ですので、投資を検討するならば自分で計算して、家賃が入らない空白期間や客付け費用なども考慮した本当の運用計画を考えなくてはなりません。
駐車場経営 減価償却費 事業的規模 固定資産税 賃貸経営の成功事例
必要経費 地震保険料控除申告書 立ち退き料 個人事業税 償却資産税
  
  満室時の収入に加え、現行収入の記載も公開してある珍しい例。

 投資元本を何年で回収できるのか 

不動産で資産運用する最大のメリットは、建物の価値を減価償却することで支出が経費として計上できるため節税になるという点です。 運営費用はかなりかかりますが、メリットも多いのです。 銀行の不動産ローンや融資を何年で返せるのか、物件の担保価値はあるのかという観点からも分析してみましょう。 投資元本を回収すれば運用計画が立てやすくなるため、安定した不動産投資ができるようになります。
定期借地権 マンション経営 一括償却資産 繰延資産 収支計画書
収益物件 住宅ローン 不動産投資の年収 賃貸併用住宅 アパート経営