不動産投資のリスク 利回り 節税 法人化 資産運用
 賃貸経営の成功事例と失敗例 

土地活用のためにアパートやマンションを建てたはいいが、巡回管理と家賃回収の手間がかかりすぎ、収入もサラリーマン時代と何ら変わらないというケースがあります。 専門の業者に管理を委託すると、家賃の5%から10%程度の管理費がとられますので、利回りが低下してしまいます。 不動産投資というと銀行口座の入金状況を見るだけというイメージがありますが、実際には管理会社からの確認の連絡にいちいち対応する必要があり、法人化でもしない限り大変なのです。 しかしビジネスとして不動産投資を捉えると、これほど将来の収支計画を立てやすいビジネスは少ないと分かります。
競売物件 不動産投資ローン 確定申告 税金 手数料
リスクと利回り REIT(不動産投資信託)
  
  千代田区麹町という超一等地の物件。価格はプレミアムが付いて割高。

 オーナーのお悩みとは 

サラリーマン大家や不動産投資のオーナーの一番の悩みといえば、家賃が下がって当初の利回りが確保できなくなるということです。 物件を購入するときには現行利回りで計算して、減価償却費から租税公課まで全て考慮したつもりの厳しい収支計画書を作っても、実際にはさらに難しい運用になることがほとんどです。

実際に不動産投資をするときに、建物や設備の劣化による利回りの低下まで考えている人は少ないようです。 リフォームすればより家賃で客付けできますが、かなりの費用がかかります(もちろん損金算入できますが)。 実質利回りが8%を切っても、リフォームすることで12%以上に回復させることは十分可能です。
駐車場経営 減価償却費 事業的規模 固定資産税 賃貸経営の成功事例
必要経費 地震保険料控除申告書 立ち退き料 個人事業税 償却資産税
  
  借地権の更新料を支払う必要があるため、所有権と比較すると利回りは10%程度低くなる。

 収支計画書 

収支計算には収入と支出の項目を作り、それぞれ必要な項目を記入します。 収入には家賃のほかに駐車場の料金や礼金、契約の更新料、償却する敷金などが記載されます。 支出は固定資産税や都市計画税、役所に提出する書面に貼り付ける収入印紙、火災保険料、ローン返済費用などになります。

建物は経年劣化するため、現状の家賃を維持するには一定年数ごとにリフォームしたり、入居者が満足するような最新設備に入れ替えたりする必要があります。 収支計画書は銀行のアパートローンなどの融資を受ける際にも必要になりますので、パソコンで作成した方が後々都合が良いです。
  
現行利回りは5%台だが、半蔵門駅から徒歩2分のデザイナーズビルとっている。
定期借地権 マンション経営 一括償却資産 繰延資産 収支計画書
収益物件 住宅ローン 不動産投資の年収 賃貸併用住宅 アパート経営