不動産投資のリスク 利回り 節税 法人化 資産運用
 マンション投資で節税する方法 

マンション投資などの不動産投資では節税する方法がいくつかあります。 まず所有している土地と建物にかかる固定資産税と都市計画税は租税ですので経費として認められます。 エアコンや共用部分の機械などは経年劣化するため、買い換えたり修理した場合は修繕費となります。 また、客付けを代行する不動産業者への仲介手数料や広告宣伝費、入居者が退去したときのクリーニング代も経費になり、節税できます。
競売物件 不動産投資ローン 確定申告 税金 手数料
リスクと利回り REIT(不動産投資信託)
  
  表面利回りが10.97%ということは実質利回りは10%を割り込むことになる。

 節税効果はどの程度あるのか 

賃料収入から差し引ける費用として、銀行などの金融機関に返済するときにかかる金利も計上できます。 利益をできるだけ圧縮することで節税効果が得られるのです。 利殖のために不動産で資産運用しているのに、利益を少なくするのは抵抗があるかもしれませんが、投資の妙味は投資元本を回収した後にあるのです。 不動産ローンも完済すれば抵当権が外れますので、その物件を担保にして新しい物件を購入することができます。
駐車場経営 減価償却費 事業的規模 固定資産税 賃貸経営の成功事例
必要経費 地震保険料控除申告書 立ち退き料 個人事業税 償却資産税
  
  鉄骨造は木造と比較すると資産価値が高い。

 不動産管理会社を設立して節税する方法 

よく法人を設立して現在務めている会社との契約を法人に変更することで節税をしようとする投資家がいますが、勤め先にとってそのような契約変更には全くメリットがないのでリスクが高いです。 むしろ勤め先が支払う人件費は増加しますので、まず間違いなく給与の支払い先名義を変更することはできないです。 サラリーマン大家として節税効果を得たいなら、不動産管理会社を設立して家族を社員にするという方法があります。

賃料の10%程度までなら相場の範囲内ですので、所得を分散して税金を減らせます。 また、管理会社を設立するときは売上がおおむね800万円以上あることを確認してからにしましょう。 コストと節税効果を比較して、十分価値のある施策を実施するようにします。 消費税の免税事業者になるために資本金は1000万円未満にしておきましょう。 免税事業者は年度の売上が1000万円以下であれば、設立後2年間は消費税を収めなくても良いという特例を利用できるのです。
定期借地権 マンション経営 一括償却資産 繰延資産 収支計画書
収益物件 住宅ローン 不動産投資の年収 賃貸併用住宅 アパート経営