不動産投資のリスク 利回り 節税 法人化 資産運用
 不動産投資の確定申告 

不動産売買の確定申告は白色申告でも可能ですが、2012年からは白色でも帳簿の作成が義務付けられましたので、どうせなら青色申告で節税した方が良いです。 いわゆるどんぶり勘定でも マンション投資でも所得額が年間20万円を超えた場合は確定申告が必ず必要になります。

もしも5年後に大きな事業規模で会社経営をすることになった場合、後から税務調査に入られれば過去に遡って税金を払うことになります。 追徴課税が発生してそれが社会で公になった場合は信用が落ちてしまいます。 合法な節税や適切な会計処理はするべきですが、払うべき税金は年度ごとにきちんと納めるというスタンスがベストなのです。
競売物件 不動産投資ローン 確定申告 税金 手数料
リスクと利回り REIT(不動産投資信託)
  
  不動産所得申告用の所得税の青色申告決算書です。

 不動産所得を節税する 

サラリーマン大家をしている場合はお勤め先からのお給料は、給与所得控除を引いた額が給与所得として計上されます。 年末調整や毎月の給与の源泉徴収(20%天引き)は会社が行いますので、源泉徴収票が必要な場合は経理課・経理係に言っておきましょう。 青色申告の場合は、青色申告特別控除額が年間65万円設定されていますので、忘れずに記入しましょう。 不動産売買で発生した利益を記載してそのまま確定申告の種類を税務署に提出していては、全く節税になりません。 不動産所得を節税するには、青色申告特別控除額、減価償却費、修繕費を計上することで可能です。
駐車場経営 減価償却費 事業的規模 固定資産税 賃貸経営の成功事例
必要経費 地震保険料控除申告書 立ち退き料 個人事業税 償却資産税
  
  会社から発行される一般的な源泉徴収票です。

 所得税がいくらかかるか計算する 

不動産所得か事業所得がある場合は、青色申告の特別控除が受けられます。 個人事業、法人事業の貸借対照表と損益計算書を計算して税務署に提出します。 個人事業の事業年度は1月1日から12月31日と決まっているので、貸借対照表と損益計算書の作成と住民税や所得税の計算は同時期にまとめて行うことができます。 不動産所得よりも経費が多いために赤字経営になっている場合は、会社からの給与で余計に支払った源泉徴収額が確定申告によって還付されます。
定期借地権 マンション経営 一括償却資産 繰延資産 収支計画書
収益物件 住宅ローン 不動産投資の年収 賃貸併用住宅 アパート経営