不動産投資のリスク 利回り 節税 法人化 資産運用
 不動産売買の仲介手数料について 

投資用不動産を売買したときの仲介手数料には上限があります。 売買価額が400万円超の部分は、100分の3(つまり3%)以内でなければならないと日本の法律にある建設省告示第1552号という報酬規定で定められています。 ただ、このパーセンテージは仲介業者がとってもよい最大の報酬額になっていますので、ゼロでも1%でもよいわけです。 売買するには仲介手数料だけでなく、登録免許税や譲渡税、所得税などがかかりますので、購入金額よりも少し多い資金が必要になります。
競売物件 不動産投資ローン 確定申告 税金 手数料
リスクと利回り REIT(不動産投資信託)
  
  東京都日本橋の1棟売りビルです。売却価格は21億円、満室時の想定年収は1億5000万円となります。

 土地の売買で発生する手数料 

土地売買でかかる手数料は、(売買価額×3%) + 6万円 +{売買価額×消費税(%)}という計算でおよその目安が分かります。 土地売買は所有権の移転なので何か消費したのかという疑問がわくかもしれませんが、消費税を納めるというのは法律で定められているので仕方ありません。 特に投資用マンションは価格が億単位で大きくなりますので、もしヨーロッパ並の消費税率になった場合は、3億円の投資用ビルを買ったら6千万円の消費税を納めることになります。 ちなみに、住宅ローンや銀行融資で土地を購入すると金利を支払うことになりますが、確定申告で損益通算できるのは、土地の借入金利か不動産所得の赤字がどちらか大きい方だけになります。
駐車場経営 減価償却費 事業的規模 固定資産税 賃貸経営の成功事例
必要経費 地震保険料控除申告書 立ち退き料 個人事業税 償却資産税
  
  年間の共益費と駐車場の収益が想定年収に含まれているという記載があります。

 投資用の賃貸マンションを購入するとき 

賃貸マンションを購入するときは通常業者さんに仲介を頼むことになりますが、このときの査定の料金が無料というところが増えてきています。 仲介手数料無料というシステムのからくりは簡単で、物件の売主が事前に買主の分の手数料も含めた報酬額を支払っているということです。 どれだけ売買金額が大きくなっても定額の21万円で調査や査定、契約書の作成などを代理で行なってくれるという業者もあります。
定期借地権 マンション経営 一括償却資産 繰延資産 収支計画書
収益物件 住宅ローン 不動産投資の年収 賃貸併用住宅 アパート経営